TOPページへ 会社概要 アクセス
企業理念 測量コンサルタントとは 測量部門 土木設計部門 補償コンサルタント部門 採用情報
 
  渋滞がちな道を広くすること、遠回りするしかなかった地域間をつなぐ道をつくること、いくつかの土地を集めて公園をつくること。それらは、利用する多くの人々にとっては喜ばしいものですが、それによって住んでいた家、持っていた土地を手放さなくてはならない人にとっては、損失といえます。このように公共の利益のために個人に損失が生じるとき、正当な補償を受ける事は、憲法で定められた国民の権利であり、民主主義を支える基本理念とも言えるものです。そしてその補償額は、不公平のない、誰にとっても公正なものでなければなりません。公正・中立な第三者による補償コンサルティングの意義はここにあります。補償コンサルタントは、国民の権利と公共の利益との調和をはかる、いわばコーディネーターと言えるでしょう。

まずは測量によって、補償の対象となる土地の境界を定めます。そして、その土地に存在する建築物・立ち木・工作物などの評価、その土地での生活や営業活動ができなくなることの損失額、移転とその後の再建に必要な費用などを算出していきます。また、工事の実施によって近隣の建物等に影響がおよんで、損失が生じていないかどうかを調査する事も重要な仕事です。それらを誰もが納得いくかたちで進めるには、単に「測る」能力だけではなく、きちんとした手法で相手の状況を調査し、法令や基準の理念をいかに現実に適用するか、その応用力も問われます。地域に密着して事業を続けて来たSOWAの強みが、ここでも発揮されます。


業務内容  
建物、工作物、立木等調査積算 事業損失調査積算(事前・事後) 
営業補償に関する調査積算 土地権利者調査・境界確認業務 等

補償コンサルタント部門の主な業務実績 >